高知大学学術情報基盤図書館中央館 利用案内

   
 利用時間  利用票
 利用窓口  貸出サービス
 資料の配列  資料の探し方
 他キャンパスの図書館資料の利用  館内の資料の複写
 相互利用サービス  県内公共図書館との相互協力について
 紹介状の発行  レファレンスサービス
 図書購入希望  パソコンの利用
 グループ学習室の利用  AVブースの利用
 その他

利用時間

詳細はカレンダーをご覧ください。

曜  日 開館時間
 平  日   8:30〜21:00 
 土・日曜日   9:00〜21:00 

休館日

※臨時に休館する場合は、その都度掲示板及びホームページ等でお知らせします。

利用票

資料の貸出等利用に際しては利用票が必要になります。
学生・院生は「学生証」、教職員は「図書館利用票」及び「ネームプレート」が利用票になります。
本学所属で上記のものをお持ちでない方・学外の方は、利用票を発行しますので1階総合案内で発行申請をしてください。
学外の方は本人と確認できるものをお持ちください(免許証、保険証等)

利用窓口について

1階総合案内  図書館利用票の交付、図書館資料の貸出・返却、建物の利用に関する 案内を行っています。
2階レファレンスカウンター 図書館資料の利用方法や資料の所在の調査等の相談に応じます。 学外への文献複写や相互貸借の申込みの受付、他大学図書館等を利用したい場合の紹介状も発行しています。(平日:9時〜17時)

貸出サービス

1階総合案内で手続きを行ってください。借出したい資料と「図書館利用票」(学生は学生証)をお持ちください。中央階段横の図書自動貸出装置(ABC)でも貸出ができます。貸出期限は必ず守ってください。転貸借は禁じます。

貸出の冊数・期間

□ 学部学生・院生・学外者・職員
図   書 雑   誌
冊  数 期  間 冊  数 期  間
5冊 2週間 4冊 3日

春季・夏季・冬季の休業期間中、学生は貸出期間を延長しますので、掲示等に注意してください。

□ 教員
図   書 雑   誌
冊  数 期  間 冊  数 期  間
10冊 2ヶ月 4冊 1週間

※ 禁帯出資料は一夜貸出やコピー貸出ができます。

貸出できない資料

参考資料や製本雑誌等は貸出できません。

貸出期間の延長

貸出期限内であれば貸出期間の延長ができます。借用資料を1階総合案内にお持ちください。
ただし、予約が入っている場合は延長できません。
またWeb上からも貸出期間の延長が可能です。 ⇒ Webサービスへ

予約

貸出中の図書は予約が可能です。受付カウンター申し込みください。
Web上でも予約が可能です。⇒ Webサービスへ

返却

1階総合案内で行ってください。閉館時はブックポスト(玄関前横)に入れてください。他キャンパスの図書館で借りた資料の返却も可能です。

罰則

返却が期限日を過ぎると、その日の貸出ができませんので注意してください。

借用中の資料の確認

借用中資料の返却期限など、利用状況についてはWeb上で照会できます。⇒ Webサービスへ

資料の配列

■ 図 書 

日本十進分類法(NDC)による主題分類に分けられています。書架ではこの分類記号(数字)と図書記号(英・数字)を 組み合わせて、分類番号の小さいものから大きいものへと並んでいます。

■ 雑 誌 

雑誌名または発行機関のアルファベット順(和・洋・大学紀要別)に並んでいます。

■ 視聴覚資料 

ビデオテープやDVDなど視聴覚資料は2階国際交流コーナーに配架しています。2階AVコーナーでご利用ください。 (館外貸出はしていません)

資料の探し方

本学所蔵の図書・雑誌はOPAC(オンライン蔵書目録)で検索できます。
ただし、中央館・物部分館の古い図書についてはカード目録で検索する必要があります。

他キャンパスの図書館資料の利用

他キャンパスの図書館の資料を取り寄せることが可能です。受付カウンターでお申込ください。
図書は取り寄せて貸出ができます。
雑誌論文等はコピーでの取り寄せになります。その際は複写料を負担していただきます。
私費の場合は1枚20円になります。

館内の資料の複写

調査研究を目的として私的に利用する場合に限り、資料の一部分を複写することができます。
私費用と公費用のコピー機が設置されています。

□ 私費の場合 □
コイン式の複写機が総合案内前にあります。備付の「図書館資料複写申込書兼誓約書」に記入の上、 総合案内に提出してください。

□ 公費の場合 □
専用複写機がA1集密書架横にあります。所属学部専用のゼロックスカードと「図書館資料複写申込書兼誓約書」を 1階総合案内で受取り、コピーしてください。「図書館資料複写申込書兼誓約書」に記入の上、カードと一緒に 総合案内までご返却ください。

相互利用サービス

高知大学で所蔵がない資料は図書館間相互利用(ILL)により、他機関へ文献複写や現物貸借を依頼することができます。2階レファレンスカウンターへお申込ください。

□ 文献複写 □

必要な文献のコピーを取寄せるサービスです。備付の申込書に記入してお申込みください。
またWeb上からも申し込みが可能です。⇒Webサービスへ
公費の場合はE-mailでの申込も受付ます。必ず本学に所蔵がないことを確認の上申し込んでください。迅速確実に文献を入手するためには文字は正確にできるだけ省略形は使用せず Full title を記入してください。料金は受付館により異なります。入手までの期間は通常1週間程度です。受付館の事情もあり、日数がかかる場合もあります。

文献複写申込書(EXCEL形式)
文献複写申込書(PDF形式)

□ 相互貸借 □

図書を他の機関から借受けるサービスです。備付の申込書に記入してお申込みください。
またWeb上からも申し込みが可能です。⇒Webサービスへ
公費の場合はE-mailでの申込も受付ます。必ず本学に所蔵がないことを確認の上申し込んでください。料金は往復の郵送料です。借用期間は受付館によって異なります。参考書や雑誌類は借用できません。入手までの期間は通常1週間程度です。受付館の事情もあり、日数がかかる場合もあります。

相互貸借申込書(WORD形式)
相互貸借申込書(PDF形式)

県内公共図書館との相互協力について

高知大学学術情報基盤図書館は高知県立図書館と相互協力に関しての協定を締結しました。(2007.5)
これにより、下記のサービスが利用可能になりました。

* 高知市民図書館はこのサービス外です。ご了承ください。

紹介状の発行

他大学の図書館を利用したいときには、「紹介状」を発行しますので、2階レファレンスカウンターにてお申し込みください。
なお、教員・院生の方は身分証明書で国立大学図書館は利用できます。
中国・四国地区国立大学附属図書館は、学生証を持参すれば相互に利用できます。ただし、原則として館内閲覧ですので、その他のサービスは各館の規則に従ってください。また貴重資料、特定資料の利用については書類等必要な場合がありますので、事前に照会してください。

レファレンスサービス

OPAC、カード目録の検索、特定文献の事項及び所在の調査等、相談に応じています。
2階レファレンスカウンターにてお気軽にお尋ねください

図書購入希望

備付希望の図書がありましたら、館内のリクエストボックスや窓口(1階総合案内・2階レファレンスカウンター)にてお申し込みください。
ただし、ご希望に添えない場合や、利用できるまでに時間がかかる場合があります。

パソコンの利用

閲覧室では情報コンセントで、お手持ちのパソコンを接続利用できます。

グループ学習室の利用

3名以上のグループで 学習・研究を目的としたグループ学習、ゼミ、勉強会などを行う場合はグループ学習室が利用できます。
利用を希望する場合は1階総合案内にてお申し込みください。

  利用時間
平 日 午前 8時30分 - 午後8時30分
土曜日・日曜日 午前 9時 - 午後8時30分

  グループ学習室利用規則 ⇒ こちら

AVブースの利用

マルチメディア資料閲覧したい場合はAVブースが利用できます。 利用を希望する場合は1階総合案内にてお申し込みください。
利用の際には学生証または図書館利用票を提出して、ヘッドフォンと鍵を受け取ってください。使用時間は原則として2時間です。ただし後に利用者がいない場合は、継続して使用することができます。 使用を終了したら、すみやかにヘッドホンと鍵を総合案内まで返却して下さい。

利用できる機器   ビデオ(VHS,ベータ), カセット, DVD,  CD, LD
  利用時間
平 日 午前 8時30分 - 午後8時30分
土曜日・日曜日 午前 9時 - 午後8時30分

その他

利用者の皆さんへのお知らせは、随時、館内掲示やホームページ、電子掲示板に掲載します。
学術情報基盤図書館への希望やご意見をお寄せください。電子メールやご意見箱を開設しています。
館内は、禁煙、飲食禁止としています。ご協力ください。
館内での携帯電話の使用はご遠慮ください。館外で使用するようご協力お願いします。
館内での盗難防止のため、各自の持ち物の管理にご留意ください。