利用案内(学内向け)

学術情報基盤図書館は、
朝倉キャンパスの中央館、岡豊キャンパスの医学部分館、物部キャンパスの物部分館で構成されています。
 中央館は図書館の中核として 人文・社会・自然科学の幅広い分野の資料、
 医学部分館は医学・看護分野、物部分館は農林海洋科学分野の資料に重点を置いて集めています。
高知大学の学生・教員・職員は、所属キャンパスにかかわりなく閲覧・貸出・複写等の共通利用ができます。
利用法の詳細は各館のホームページをご覧ください。

利用時間

詳細は 開館カレンダーをご覧ください。

曜日 中央館 医学部分館 物部分館
月曜日〜金曜日  8:30 〜 21:00   9:00 〜 20:00    8:30 〜 20:00 
土曜日  9:00 〜 21:00   9:00 〜 16:30   10:00 〜 18:00 
日曜日  9:00 〜 21:00    休   館   10:00 〜 18:00 

医学部分館では上記開館時間外に利用できる「時間外利用」も行っています。
時間外利用について詳細は医学部分館窓口でご確認ください。

休館日

※臨時に休館する場合は、ホームページ等でお知らせします。

利用票

図書館利用に際して、利用票が必要です。
学生・院生は「学生証」に利用票番号(バーコード付)が組み込まれています。
教職員は「ネームプレート」に利用票番号が組み込まれています。
「ネームプレート」をお持ちでない方は、「図書館利用票」を窓口カウンターで申請してください。

貸出

図書は所定の手続きを経て、借りていくことができます。
貸出には、「図書館利用票」が必要です。

貸出の冊数・期間

貸出冊数 貸出期間
中央館・物部分館所蔵資料 医学部分館所蔵資料
学生・院生・連合農学研究科学生 7冊 3週間 2週間
教員・名誉教授 10冊 30日 2週間
学外利用者 5冊 2週間 2週間

※ 春季・夏季・冬季の休業期間中には、貸出期間の延長があります。掲示等でご確認ください。
※ 中央館、物部分館では、卒論作成中の学生は、卒論貸出を利用することができます。詳細は窓口にお問い合わせください。

貸出できない資料

参考資料や雑誌等、貸出できない資料もあります。

貸出期間の延長

貸出期限内であれば1回に限り貸出期限の延長ができます。
借用資料を窓口までお持ちください。
WebOPACからも貸出期限の延長が可能です。 ⇒ Webサービスへ
ただし、ほかの利用者からの予約が入っている場合は延長できません。

予約

貸出中の図書は予約が可能です。
窓口で申し込んでいただくか、WebOPACから予約が可能です。

返却

窓口またはABC(自動貸し出し返却装置)で返却してください。
閉館時は備付けのブックポストに返却してください。
他キャンパスで借りた資料を別の館で返却も可能です。窓口へお持ちください。

罰則

返却予定日を過ぎると罰則として貸出ができなくなります。
返却期限日を過ぎると 罰則として遅れた日数だけ貸出停止になるので注意してください。

借用中の資料の確認

借用中資料の返却期限など、自分の利用状況をWebOPACから照会できます。⇒ Webサービスへ

資料の探し方

本学所蔵の図書・雑誌はOPAC(オンライン蔵書目録)で検索できます。
中央館・物部分館の古い図書についてはカード目録で検索する必要があります。

他キャンパスの図書館資料の利用

他キャンパスの図書館の資料を取り寄せることが可能です。各館の窓口でお申込ください。
図書は取り寄せて貸出ができます。
雑誌論文等はコピーでの取り寄せになります。
(複写料は実費負担 公費は差引 私費は1枚20円です。)

館内の資料の複写

館内に公費用コピー機と私費用コピー機が設置されています。
公費コピーは、窓口でコピーカードを受け取ってご利用ください。
私費コピーは、コインを投入してご利用ください。
備え付けの「図書館資料複写申込書兼誓約書」に記入の上、窓口へ提出してください。

資料の無断複写は著作権法により禁じられていますが、図書館備付資料は 調査研究を目的として私的に利用する場合に限り、 資料の一部分を複写することができると認められています。 複写できるのは、図書館資料のみです。持ち込み資料の複写は認められませんので、ご注意ください。
資料を複写する際には著作権法を遵守を、お願いいたします。

相互利用サービス

高知大学で所蔵していない資料でも、図書館間相互利用(ILL)により他機関から文献複写や現物貸借で取り寄せられます。
各館窓口へお申込みください。
WebOPACからも申し込みが可能です。⇒ Webサービスへ

紹介状の発行

他大学の図書館を利用したいときには、「紹介状」を発行しますので、各館窓口まで申し込んでください。
教員・院生は、本学の身分証明書で、国立大学図書館を 利用できます。
学生は、本学学生証持参で、中国・四国地区の国立大学附属図書館を 利用できます。
ただし、原則として館内閲覧ですので、その他のサービスは各館の規則に従ってください。
また貴重資料、特定資料の利用については事前申請などが必要な場合がありますので、事前に照会してください。

レファレンスサービス

OPACの見方、カード目録の検索法、特定文献の所在、事項の調査等、相談に応じています。
お気軽にお尋ねください

図書購入希望

図書館に備え付けて欲しい資料がありましたら、館内のリクエストボックスや窓口でお申し込みください。
ただし、ご希望に添えない場合や、利用できるまでに時間がかかる場合があります。

その他

お知らせは、館内掲示やホームページ、電子掲示板に掲載します。

ご意見箱や電子メールを開設しています。
学術情報基盤図書館への希望やご意見をお寄せください。

館内は、禁煙、禁食です。ご協力ください。
水分補給の飲み物は禁止ではありませんが、
持ち込みは 倒れてもこぼれないよう密閉できる容器で、
飲むとき以外はきちんとフタをして、資料の汚損を防ぐようにご配慮願います。

館内での携帯電話の通話はご遠慮ください。通話は、館外でするようご協力お願いします。

盗難が発生しています。持ち物の管理に次の点にご留意ください。
・座席を離れるときは、貴重品はお持ちください。
・長時間荷物を置いたままで席を外さないようにしてください。